Hasegawa Insurance Research Institute.Ltd.

2021年度 生命・傷害疾病保険契約実務判例研究会

  • HOME »
  • 2021年度 生命・傷害疾病保険契約実務判例研究会

2021年度 生命・傷害疾病保険判例実務研究会 開催のご案内

(株)長谷川保険文化研究所

厳寒の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

さて、このたび(株)長谷川保険文化研究所は、2021年度の「生命・傷害疾病保険判例実務研究会」を次のとおり開催いたします。

研究対象は、本研究会にご出席者などの情報から、実務上も極めて大切なテーマを取り上げてみました。
そして、各テーマを担当するのは、研究者及び訴訟など現実に対応されておられる弁護士の先生で、研究や裁判実務を通した経験を踏まえた適切な解説や考え方が示唆されるものと考えております。

そのうえで、受講者の皆様が疑問に思った事項につき議論し、自己研鑽を図るとともに、契約引受、支払い査定はもちろん、お客様対応等に裨益できる研究会といたします。

なお、各位のご意見を踏まえ、本年度から18時開始に変更させていただきます。

受講は、事前申込みご参加者名を届け出制とさせていただきます。
ご参加予定者が、当日都合が悪くなった場合は代理の方が出席されても結構です。
申込はこのページの下部のお申込フォームにてお申し込みください。何かご質問がございましたら、どうぞ遠慮無く、ホームページにてお問い合わせ下さい。

開催方法は、原則対面の研究会を予定しておりますが、集合研究会が不的と認められるときは、オンラインによることもあります。
オンライン研究会のときは事前にご連絡いたします。

敬具

「生命・傷害疾病保険判例実務研究会」

開催要項

【開催場所】

東京駅八重洲ロータリービル TIME SHARING Biz 東京駅前3F【旧みんなの会議室】
〒 103- 0028 東京都中央区八重洲1-7-17 八重洲ロータリービル3階(東京駅八重洲口より徒歩1分)
(注意事項)会場のセキュリテー関係から19時以降の入室はできません。 

【定員】

各回20名を予定しております。

【資料】

資料は、届出あるインターネットメールにて配布する。

【当日の予定】

17時45分  受付開始
18時開始~20時終了   研究会(120分)

【料金】

4,000円(税込み)チケット前売り制
申込方法:このページの下部のお申込フォームにてにてお申し込み下さい。

【事務局】

株式会社 長谷川保険文化研究所
住所:神奈川県海老名市上今泉五丁目13番21号
TEL:050‐5533-7554
担当:長谷川仁彦
E-mail:info@hasegawa-institute.com
E-mail:y-hasegawa0923@way.ocn.ne.jp

    2021年度 生命・傷害疾病保険契約実務判例研究会 日程表・お申込みフォーム


    開催予定日
    テーマ 担当講師 人数 備考
    第1回
    2021年6月25日(金)
    告知義務
    ①東京地裁平成30年 9月 3日判決、平28(ワ)40738号  
    「団体信用生命保険における告知義務違反と不告知教唆の有無」
    ②東京地判平成29年3月29日(平27(ワ)第27469号
    永澤総合法律事務所
    弁護士 前田修志 氏
     
    第2回
    2021年7月30日(金)
    保険金受取人が保険金請求権の放棄と帰属先
    大阪高判平27.4.27
    保険金受取人を被保険者の相続人としているとき、被保険者死亡後、被保険者の法定相続人が相続放棄、保険金請求権を放棄したとき他の相続人に受け取る権利が生じるか。
    青山学院大学
    教授 山下典孝 氏
     
    第3回
    2021年9月24日(金)
    改正個人情報保護法への実務対応
    2022年4月に改正個人情報保護法が施行され、その実務対応について解説する。
    浅井国際法律事務所
    弁護士 浅井弘章 氏
    第4回
    2021年10月22日(金)
    インターネット手続上の契約者貸付における民法478条類推適用及
    免責条項適用の可否について
    その他カード取引について
    東京地裁令和元年8月19日判決 平成30年(ワ)228号 債務不存在確認請求事件
    柏木・天野法律事務所
    弁護士 天野康弘 氏
     
    第5回
    2021年11月26日(金)
    高齢者等意思能力に懸念がある人の保険契約の取扱い
    東京地裁平成25年12月18日判決、平25(ワ)11894号
    被保険者が死亡し保険金受取人が保険金請求したが、保険者は解約され契約は消滅しているとしたが、保険契約者が重度の認知症の中での解約であると保険契約は存続していると主張し争われた事例。
    内幸町法律事務所
    弁護士 久保田光晴 氏
     
    第6回
    2021年12月24日(金)
    自由な意思決定に基づく自殺か。    
    東京高判平成28年4月13日(平27(ネ)第6196号保険金債権確認等請求控訴事件)
    労災認定された自殺と団体信用生命保険の自殺免責の可否
    鎌倉女子大学
    准教授 千々松愛子 氏
    第7回
    2022年1月21日(金)
    ①保険契約者の変更と保険者の同意
    東京地裁平成21年 3月11日判決、平20(ワ)29004号
    保険者の同意拒否事由範囲
    ②「遺言による死亡共済金受取人変更の効力等が争われた事例」
    名古屋高裁平成29年4月20日判決(平28(ネ)973号)
    名古屋地裁一宮支部平成28年10月25日判決(平28(ワ)61号)
    現在調整中  
    振り込み先 PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)ビジネス営業部

    店番号:005 口座番号:2318090

    口座名義人 カ)ハセガワホケンブンカケンキュウジョ
    必須振込名義人
    必須会社名
    必須お名前(代表者)
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須請求書の有無

    宛名

    必須領収書の有無

    宛名

    必須お申込みの開催回・枚数はお間違いないですか。

    お気軽にお問い合わせください。

    PAGETOP
    Copyright © 株式会社長谷川保険文化研究所 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.